印鑑証明とは

印鑑証明書は、車を購入する時や土地や家などの不動産を購入する時、会社を設立する時などに必要な証明書の1つで、身分を証明大事な証明書とされています。内容は実印の印影と、氏名、生年月日、住所、性別が記載されているもので、印鑑証明書を発行してもらうには、予め市役所などの自治体で実印を印鑑登録しておかなければなりません。印鑑をこのように身分証明に使用するのは、日本を含めわずかな国のみで、日本では最近ではカード型が採用されていて、自動交付機で証明書を入手することもできるようになっています。

日本に在住する外国人も印鑑登録をすることができますが、大使館でサイン証明書を交付してもらえば、それが印鑑証明書と同じ役目を果たします。他にも拇印を大使館で登録して、拇印証明書をサイン証明書同様に使用することも可能です。

日本で印鑑が身分証明に使用されるようになったのは明治時代のことで、それ以後、日本では印鑑は外国のサイン同様の扱いがなされています。銀行などに口座を開く時、あらゆる契約書や証明書、領収書など、日本ではサインの代わりに印鑑を捺印することが一般的となっています。特に、印鑑証明書に使用する印鑑は実印と呼ばれ、大事な取引では必ず必要となりますので、財産の一部として大切に保管されています。当サイトでは、このような大切な証明書である印鑑証明書を取得するための印鑑登録の方法や、それに使用される実印について説明させて頂きます。